群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

オーデュボンの祈り(小説)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)
新潮社 (2012-07-01)
売り上げランキング: 1,048


作品名: オーデュボンの祈り
著者:伊坂幸太郎
発行:2000年(平成12年)
あらすじ:
 コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気づくと見知らぬ島にいた。江戸以来外来から遮断されている“萩島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止できなかったのか。
(以上、文庫背表紙より)

=============
人気作家・伊坂幸太郎のデビュー作。
全体に漂うは、ときに非現実的で鼻につくと敬遠されがちだが、そもそもフィクションである小説なのだから、現実に忠実に描く必要はないという、どこかインタビューで筆者が語っていたとおりでもある。そもそも作品は作家の世界のため、筆者がそう考えた上での作品ならばそれが正しい。

あらすじにもある通り、宮城県沖にあると思われる架空の島と、宮城県県内で暮らす主人公の近辺の人々の視点が、切り替わりながら話が進む。一応、殺人(殺カカシ?)の犯人を推理するというミステリーの筋を持っていはいるが、基本的には登場人物のキャラクターが一番の魅力だろう。

視点が切り替わる群像劇では、どの人物でも各パートの視点者になりうる。そのとき読者を引っ張っていくには、どうしてもキャラクターが魅力的でなければならない。本作もその通りであり、善人は善人らしく、悪人は悪人らしく、しっかりと魅力を持っている。

筆者の作品をまだ読んでいない方ならば、デビュー作である本作をお勧めする。

================
<お勧め作品>
アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
デスペラード (2008-01-25)
売り上げランキング: 10,141

著者の同名作の映画化。
著者の文体をそのまま映像にしたような良作。
伏線もしっかり効いており、後味も良い。

===============

[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-07-29 08:27 | 作品紹介(小説) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。更新完了。


by Wonder_Style_3G