群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

紳士同盟(小説)

紳士同盟 (扶桑社文庫 (こ13-1))
小林 信彦
扶桑社
売り上げランキング: 59,715


作品名:紳士同盟
著者:小林信彦
発行:1980年(昭和55年)
あらすじ:
いんちき臭くなければ生きていけない!
思わぬ運命の転変にめぐりあい、莫大な金を必要とした
とき、四人はそう悟った。
目標二億円――彼らはコン・ゲームを競う奇妙な集団を
化した。車椅子の老詐欺師のコーチを受け、知恵を傾け
トリックを仕掛け、あの手この手で金をせしめる……。
人間の欲望や心理の綾、意識の空白につけこむスマート
で爽快、ユーモラスなコン・ゲーム小説の登場。
(以上、帯より)

=========================

コン・ゲームはターゲットを信用させたのち騙すという
詐欺の一種であり、大概は物語のひとつのジャンルで
使われます。映画では「オーシャンズ11」「ミッション
インポッシブル」等、変装などにより相手を騙し、
ばれるかばれないかのハラハラ感と、ド派手な演出が
楽しいエンターテイメントの中心的ジャンルにのひとつ
ですが、日本では予算の大きさか国土の大きさか、
そういうスケールの大きい映画は、なかなか作るのが
難しかったり、作っても受け入れられにくいです。
どうしてもハリウッドの縮小再生産っぽくなり、
「そんなわけあるか」感が漂ってしまいます。

しかし本作「紳士同盟」は、市井の人らには馴染みの
少ない、しかし誰しもがなんとなく知っている気がする、
テレビ業界を舞台にしたことで、作品にある程度の
現実感のあるエンターテイメント性を加えています。
(派手さはありませんが。。。)

さらに単行本版の帯に書かれている「この本の68ページ
以降は、他人に絶対にしゃべらないで下さい!」に示される、
68ページ以降に書かれている、他人にしゃべるのが
憚れる内容が、現実感に強度を与えています。

日本初のコン・ゲーム小説と銘打っている本作のため、
「コン・ゲームとは」というメタ的な表現が幾分か垣間見え、
作者がノリノリで書いているのが判ります。
日本初の銘に恥じないほど今でも色褪せないオモシロさ。
手に取る機会があれば一読をおすすめします。

=========================
<関連作>
紳士同盟ふたたび (扶桑社文庫 (こ13-2))
小林 信彦
扶桑社
売り上げランキング: 442,786

本作の続編。登場人物はそのままですが、
それぞれでも十分面白いです。

=============

[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-10-28 09:13 | 作品紹介(小説) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。更新完了。


by Wonder_Style_3G