群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

七時間半(小説)

七時間半 (ちくま文庫)
獅子 文六
筑摩書房
売り上げランキング: 71,166

作品名:七時間半
著者:獅子文六
発行:1960年(昭和35年)
あらすじ:
東京‐大阪間が七時間半かかっていた頃、特急列車「ちどり」を舞台にしたドタバタ劇。
給仕係の藤倉サヨ子と食堂車コックの矢板喜一の恋のゆくえ、それに横槍を入れる
美人乗務員、今出川有女子と彼女を射止めようと奔走する大阪商人、岸和田社長や
大学院生の甲賀恭男とその母親。さらには総理大臣を乗せたこの列車に爆弾が仕掛け
られているという噂まで駆け巡る!
(以上、裏表紙より)

=============
文庫版の解説でもある通り本作は、列車を舞台にした「グランドホテル形式」の作品だ。
あらすじに出てくる人々が、主に恋慕のあれこれで狭い列車のなかを奔走する群像劇。

本作は1960年という舞台背景が色濃く出た作品で、今ではすっかり見なくなって
しまった「大衆小説」である。いわゆる純文学・私小説と呼ばれるジャンルとは区別する
作品であり、現代では「エンタメ小説」と呼ばれているが、大衆小説にはエンタメ小説には
ない『流行性』がある。いわゆる当時の流行りモノが固有名詞として出ているのだ。これは
今の小説では憚れる。最近だと「何者(朝井リョウ・著)」でTwitterとかLINEとかが登場
してはいるが。

本作の最大の魅力。それは文体から漂ってくるキュートさである。キュートだからこそ、
今読んでもモダンで、かび臭くならない。当時の流行り描写が多々あったとしても、
キュートさが、その古めかしさをも味にしてしまっているのであった。

それこそが獅子文六の魅力。
60年代のはじめに書かれたオシャレでキュートな群像劇小説の魅力である。

=============
<関連作>
コーヒーと恋愛 (ちくま文庫)
獅子 文六
筑摩書房
売り上げランキング: 15,079

獅子文六の代表作。これほどまでにキュートでモダンなタイトルがあっただろうか。
それはサニーデイサービスの楽曲タイトルになり、さらにジャケットを飾るほどに
秀逸な、おしゃれ題名だ。内容ももちろんキュート。


=============

[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2016-02-25 00:37 | 作品紹介(小説) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。更新完了。


by Wonder_Style_3G