群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

極東セレナーデ(小説)

極東セレナーデ (小林信彦コレクション)
小林 信彦
フリースタイル
売り上げランキング: 321,012

作品名:極東セレナーデ
著者:小林信彦
発行:1987年(昭和62年)
あらすじ:
フツーの女の子が、いつの間にか<知的アイドル>になった。
CM、映画、LPと、もう大騒ぎ!! ところが、写真雑誌や、
怖い人たちが、このアイドルに目をつけて……。


80年代アイドルのサクセスストーリーと言ったところ。
物語のはじめはアイドルとして作られるフリーライター志望の
朝倉利奈(20)の視点だったのが、後半は完全に、それを
仕掛けたプロデューサーの氷川(45)視点に変わる。

本作の主人公はリナだが、彼女に関係する芸能関係者の面々の
それぞれの立場・心情をことこまかに説明する。
それは群像劇というより単純に、小林氏の書きたい筋のために
視点を飛ばしているだけのように感じる。視点のブレは喜ばしい
ものではないが、本作はもともと新聞小説である。新聞読者を
飽きさせないよう、毎日読んでもらうには、視点のブレとかは
細かいことなのだろう。きっとそうだろう。だって面白いから。

筆者の持ち味であるキャラクタたちの会話の応酬、時代分析、
そして都会(東京や神戸、そしてニューヨーク)の風景描写も、
リアルタイムで読んでいた読者を飽きさせないためには具合が良い。

上で紹介した新装版以外にも上下巻で文庫版なども出ている。


<関連作>

世間知らず
世間知らず
posted with amazlet at 16.07.25
小林 信彦
新潮社
売り上げランキング: 1,283,305

「背中あわせのハートブレイク」という名前でも出ている
小林信彦作品のなかでもお気に入りのひとつ。
いわゆる「学園もの」だが、舞台が終戦から2~3年の東京。
しかし全然暗くない。むしろユーモアたっぷりで、どんどん
読み進めることができる。




[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2016-08-17 00:48 | 作品紹介(小説) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。更新完了。


by Wonder_Style_3G