群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

悦ちゃん(小説)

悦ちゃん (ちくま文庫)
獅子 文六
筑摩書房
売り上げランキング: 26,062

作品名:悦ちゃん
著者:獅子文六
発行:1937年(昭和12年)
あらすじ:
悦ちゃんはお転婆でおませな10歳の女の子。ちょっぴり口が悪いのはご愛嬌、
歌がとても上手で、周りのみんなも目が離せない存在。早くに母親を亡くして、
のんびり屋の父親と二人で暮らしているが、そこへ突如、再婚話が持ち上がったから、
さあ大変。持ち前の行動力で東京中を奔走、周囲を巻き込みながら最後は驚きの事件が!
ユーモアと愛情に満ちた初期代表作。
(文庫・背表紙より)

昭和の流行作家・獅子文六の初の新聞小説。
昭和11年7月~昭和12年1月に報知新聞上で連載された。

悦ちゃんを中心にした大人たちの思惑が絡まり合い、
ストーリーはまったく予想にしない方向に進む。
次は一体どうなるのか気になり、ページをめくる手が止まらない。
特に後半の畳み込みはすさまじい。

少々トリッキーな展開もなくはないが、それもまた新聞小説の一興であろう。
リアルタイムに新聞で読んでいた人々は続きが気になって仕方がなかったに
違いない。テレビのない時代、新聞が娯楽も担っていた時代。
それほどに新聞小説は強いパワーを持ったコンテンツだったのだろう。

作中に描かれる戦前の東京。WW2手前の時代であるが、情景は鮮やかさと
エネルギーに満ちている。円タク、銀ブラ、昔ながらの江戸っ子などの
ノスタルジーな風俗はモチ出て来るが、ほかにも、セーラー服を着て
女学生コスプレをする20代前半のシャンな女性や、子役アイドルとして
歌手デビューする小学生など、昨今のサブカル界隈でよく見る展開が
約80年前にもすでに繰り広げられるのが面白い。
昔から変わっていないというか、昔からこういうのがお好きということだろうか。


<関連作>
娘と私 (ちくま文庫)
娘と私 (ちくま文庫)
posted with amazlet at 17.01.22
獅子 文六
筑摩書房
売り上げランキング: 262,401

連続テレビ小説第1作の原作。



[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2017-02-08 00:00 | 作品紹介(小説) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。更新完了。


by Wonder_Style_3G