群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

HOSPITAL. 6人の医師(特典なし)
アトラス (2010-06-17)
売り上げランキング: 4,600

作品名: HOSPITAL. 6人の医師
発売日:2010年
発売元:アトラス
あらすじ:
 外科、診断、救急、整形外科、検視、内視鏡、6人の医師となって
6つの医術を体験できる医療エンターテイメント。
緊迫のアクションあり、推理アドベンチャーあり、パズルや謎解き要素もある
体験する医療ドラマ。
(以上、公式HPより)

===================
本作は「バブルガム・ファーストケア」と呼ばれる病院に勤務する
6人の医師のそれぞれのストーリーを追いながら、
各キャラクターの過去や日々への葛藤、
さらには未知の病気や過去の謎に立ち向かうゲーム。
ゲームでは各キャラクターを選択して、
それぞれに用意されたシナリオに沿ってプレイしていく。
ジャンル分けが難しく「手術アクション」もあれば「問診による病名推理」もあり、
医師の業務を総合的にゲーム化している。

本作のストーリーは大きく分けて前半と後半の二つ。
前半は各キャラクターごとの個別エピソードで、それぞれの係わり合いも、
「同じ病院に働いている同僚」程度。
しかし後半になると、その係わり合いはガラッと変わり、お互いがより
深く関わることになる。

ゲームデザイン的にも前半は「操作を覚える」が主軸で、
後半は「ストーリーを追う」が主軸となる。

ゲームとしてもストーリーとしても面白い良作だ。
BGMも良い。サントラがプレミア付くぐらいに。
=================
<関連お勧め作>
カドゥケウスZ 2つの超執刀
アトラス (2006-12-02)
売り上げランキング: 5,609

紹介作の原点である「手術ゲーム」は
ニンテンドーDSで発売した「超執刀カドゥケウス」が金字塔。
これはWii版。
とにかくアクションとして難しい。
そこを踏まえてHOSPITALは難易度を抑えた設計になっている。

====

[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-05-29 06:05 | 作品紹介(ゲーム) | Comments(0)

七つの会議(小説)

七つの会議
七つの会議
posted with amazlet at 15.04.14
池井戸 潤
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 19,941
作品名:七つの会議
発表:2012年
著者:池井戸潤
あらすじ:
一部上場企業の子会社である中堅の電機メーカー・東京建電。
会議の中で役職や職種の違う平凡な社員たちの不作為が作り上げていく不祥事。
社員たちは立場の違いから異なる方法でそれに対峙し、
不祥事の全容が明らかになっていく。
(以上、Wikipediaより引用)

===============

前回に続いて池井戸作品のご紹介。
本作は各話ごとに、中心にすえる主人公を変えて、
会社を揺るがす一つの『出来事』の真相に切り込んでいく。
「シャイロックの子供たち」の最進化版とも言える作品で、
文章からは実社会の現実感がありありと伝わってくる。

話の時間軸が、各話ごとに重ならないため、
同じ場面を違う人物視点で見ることもない。

本作で私が感じた特徴――というか、筆者が各群像劇を書くときの特徴。
それは各人物の性格上の「善人」「悪人」は付けているのだが、
それが物語上の「善人」「悪人」にはならないところである。
この話では悪人の振る舞いをしていた人物が、次の話では善人の行動を取る。
そしてそれにしっかりと納得感がある。筆者の技術センスなのだろう。
それでいてラストはしっかりと勧善懲悪的なすっきりとした読後感を与えてくれる。


===============
<関連お勧め作>
マスカレード・ホテル (集英社文庫)
東野 圭吾
集英社 (2014-07-18)
売り上げランキング: 1,853

ホテルを舞台にした覆面刑事の犯人探し。
七つの会議とはストーリーも舞台もなにも関係ないが、
こちらもいわゆるお仕事小説であるため紹介。
しかも紹介作よりもお仕事感を強めに表現していると感じた。
というのもホテル従業員の女性主人公の、プライベートの描写がひとつもないからだ。
ホテルから家に帰った際の描写は省かれ、ホテルでの業務の描写のみが描かれる。
仕事とプライベートをしっかり分けていたのが、逆に新鮮味を感じた。

======================


[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-05-27 04:56 | 作品紹介(小説) | Comments(0)
シャイロックの子供たち (文春文庫)
池井戸 潤
文藝春秋
売り上げランキング: 7,270

作品名:シャイロックの子供たち
発表:2008年(文春文庫)
著者:池井戸潤
あらすじ:
ある町の銀行の支店で起こった、現金紛失事件。女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪…!?
“たたき上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上らない成績…事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤。
銀行という組織を通して、普通に働き、普通に暮すことの幸福と困難さに迫った傑作群像劇。
(以上、Amazonより引用)

===============
銀行員小説のジャンルを切り開いた池井戸潤氏の初期の名作。
登場人物ひとりひとりのバックボーンまで丁寧に描かれている。

人間ドラマが主体の群像劇であるが、
複数視点より多面的に、謎が明るみになるときの爽快感を作り出すためには、
ある程度は人物たちに定まった行動を取らせなければならない。
本作はその両立が成立されていると感じた。

本作は文庫版を読んだのだが、まずストーリー展開の速さに驚いた。
各人物エピソードは10P前後にも関わらず、物語は足踏みすることがない。
かと言って文量が多いか、と言ったらそうでもない。
それは人物の掘り下げがしっかり書かれているからこそ、
簡潔な文量でも読者に納得感・満足感を与えるのかもしれない。

===============
<関連お勧め作>

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
池井戸 潤
講談社
売り上げランキング: 1,667

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)
池井戸 潤
講談社
売り上げランキング: 1,490


はじめて読んだ池井戸潤作品。
実際の事件を題材にしながらも社会派だけに終わらず
爽快なエンターテイメントに仕上がっている。
=====================

[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-05-22 01:11 | 作品紹介(小説) | Comments(0)

運命じゃない人(映画)

運命じゃない人 [DVD]
運命じゃない人 [DVD]
posted with amazlet at 15.04.04
エイベックス・ピクチャーズ (2008-11-28)
売り上げランキング: 138,066

作品名:運命じゃない人
発表:2005年・日本
スタッフ:
 監督:内田けんじ
 脚本:内田けんじ
 出演:中村靖日、霧島れいか、山中聡ほか
あらすじ:
 どこにでもいる気弱そうなサラリーマン宮田武は、
人から頼みごとをされても断れず、どんなに騙されても疑うことを知らない
“日本一のいい人”。そんな彼が、振られた彼女を忘れるため、
ほんのちょっと勇気をだした一晩のほのぼのした物語───かと思いきや!
物語は予想もつかない展開を見せます。
(以上、公式HPより)

==================

伏線張りで定評のある内田けんじの長編初監督作。
「11:14」と同じ同時刻の出来事をバラバラにして見せる
群像劇定番の手法で、人びとの表と裏の顔をあらわにする。

各登場人物を切り替えて、互い違いになりながら物語内の時間を
漸進させることで、群像劇という多数の人物が出てくる構成で、
各人物像を深堀する効果が得られる。

本作は視聴を続けるにしたがって、
登場人物の印象がくるくると変わるだろう。

==================

<関連お勧め作>
アフタースクール [DVD]
メディアファクトリー (2008-11-28)
売り上げランキング: 5,322

鍵泥棒のメソッド [Blu-ray]
メディアファクトリー (2013-05-10)
売り上げランキング: 6,577

どちらも内田けんじ監督作。
練りに練られた伏線にますます磨きがかかっています。

==================

[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-05-20 01:10 | 作品紹介(映画) | Comments(0)

11:14(映画)

11:14 [DVD]
11:14 [DVD]
posted with amazlet at 15.04.04
AMG Entertainment (2007-05-25)
売り上げランキング: 95,160

作品名:11:14
発表:2003年・米
スタッフ:
 監督:グレッグ・マルクス
 脚本:グレッグ・マルクス
 出演: ヘンリー・トーマス、ヒラリー・スワンク、パトリック・スウェイジほか
あらすじ:
 午後11:14、携帯で話しながら深夜のハイウェイを走らせるジャックは
突然上から降って来た何かで車に衝撃を受ける。車を降りて確認すると
そこには顔がつぶれた男らしき死体が転がっていった。
隠ぺいしようと慌てて死体を自分の車に詰め込もうとしたその時、
偶然中年女性のノーマの車が通りかかる。何とか鹿をはねてしまったことで話が
終わりそうになった。しかしその数分前(略)
(以上、Wikipediaより引用)

================

11:14という一瞬に向かって、
複数の人物の出来事を描いている。
全体的にブラックで、グロテスク嫌いな方は要注意。

前回のパルプ・フィクションよろしく、
群像劇という特性上、どうしてもある短い期間での
人物の同時進行を見ていくことになってしまうが、
本作はその特性を突き詰めた作品。

================
<関連お勧め作>

12モンキーズ(Blu-ray Disc)
松竹 (2012-12-21)
売り上げランキング: 635

数字タイトルつながり。同時場面つながり(?)で、この名作SFをば。
声に出して読みたいタイトル。テーマ曲も有名ですね。
====================


[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-05-15 06:09 | 作品紹介(映画) | Comments(0)
パルプ・フィクション [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-02-08)
売り上げランキング: 4,181

作品名:パルプ・フィクション
発表:1994年・アメリカ
スタッフ:
 監督:クエンティン・タランティーノ
 脚本:クエンティン・タランティーノ
 出演:ジョン・トラボルタ、サミュエル・ジャクション、ユマ・サーマンほか
あらすじ:
 強盗カップル、トランクケースを運ぶ二人組のマフィア、踊るボスの女とボスの子分、
イカしたTシャツ、八百長ボクシング、洗車、銃撃、etc……
 パルプマガジン(三文雑誌)のようなストーリーがツギハギに流れていく、
鬼才クエンティン・タランティーノの代表作群像劇。

===================
映画好きじゃなくても名前は聞いたことのある、
クエンティン・タランティーノの出世作にして代表作。

時系列をバラバラにしての群像劇手法と、過激な描写、
コミカル演出で、見るものを飽きさせない作品。

二度三度と見返すたびに、面白い場面が変わる。
初見では、銃撃戦や暴発などのショッキングな場面に驚くが、
数年経ったあとに再視聴すると、サミュエル・ジャクションの
聖書のセリフが印象深かったりして、新たな発見もある。
しかし結局のところ、ユア・サーマン演じるマフィアの妻と、
ジョン・トラボルタのダンスシーンが好きなのです。

===================
<関連お勧め作>

タイム・リープ<上> あしたはきのう (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2013-03-29)
売り上げランキング: 10,400

タイム・リープ<下> あしたはきのう (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2013-03-29)
売り上げランキング: 4,312

時系列をバラバラにすると言ったら、SFの得意芸か。
こちらは複数視点ではなく、主人公ひとりの視点で、
バラバラの時間を行き来する、名前通りの作品。

=======================

[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-05-13 08:08 | 作品紹介(小説) | Comments(0)
12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]
オデッサ・エンタテインメント (2012-03-30)
売り上げランキング: 24,231

作品名:12人の優しい日本人
発表:1991年・日本
スタッフ:
 監督:中原俊
 脚本:三谷幸喜・東京サンシャインボーイズ
 出演:塩見三省、二瓶鮫一、山下容莉枝、豊川悦司ほか
あらすじ:
陪審員全員が「無罪!!」しかしその部屋からは誰も出られなかった-
ある殺人事件の審議のために12人の陪審員が集められ
た。被告が若くて美人であることから、陪審員全員が無罪の決を出し、審議は早々に終了するかに見えた。しかし、陪審員2号が無罪の根拠を一人一人に問いた
だし始めたところから、審議の様相が混迷を呈していく。彼らは果たして「真実」に辿り着けるのだろうか…。
(以上、Amazonより引用)


=================

元々は東京サンシャインボーイズ初演の舞台。
タイトル通り「十二人の怒れる男」のオマージュであるが、
単なるモノマネにしないところが作品としての強度を強めている。

視聴者はまるで陪審員のひとりになって、この審議を傍聴するだろう。
ある陪審員に共感し、または反感するだろう。
しかし導き出す結論はひとつ。
その結論を導き出すため、彼らの議論を進め、陪審員全員の納得を醸成させるのだ。

十二人の怒れる男」と同じで登場人物はバラバラにならない。
そして同じように、話が進むに連れて彼らはアツくなる。
その一体感から得られるカタルシスを是非、陪審員のひとりとなって
感じて欲しい。

=================

<関連お勧め作>

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]
東宝 (2005-12-23)
売り上げランキング: 18,503

こちらは三谷幸喜監督作。
普通の主婦が書いたラヂオドラマを、
ラヂオに関わる様々な人物が
よってたかってメチャクチャにする作品。

====================


[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-05-08 01:05 | 作品紹介(映画) | Comments(0)

ダージリン急行(映画)

ダージリン急行 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-02-05)
売り上げランキング: 949
作品名:ダージリン急行
発表:2007年・アメリカ
スタッフ: 
 監督:ウェス・アンダーソン
 脚本:ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ、ジェイソン・シュワルツマン
 出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマンほか
あらすじ:
長男フランシス、次男ピーター、三男ジャックのホイットマン3兄弟。
彼らはフランシスの提案で、インド北西部を走るダージリン急行に乗り合わせた。
旅の目的は、父の死をきっかけに1年ものあいだ絶交状態にあった兄弟の結束を
再び取り戻すこと。
バイク事故で瀕死の重傷を負い、奇跡の生還を果たしたばかりのフランシス。
兄弟から父の遺品を独り占めしたと非難され、
妊娠7ヵ月の妻アリスとも上手くいっていないピーター。
そして、家族をネタに小説を書き上げたばかりのジャックは、
失恋の痛手を引きずっていた。
それぞれに問題を抱える3兄弟は、早々に衝突してしまうが……。
(以上、Amazonより)

=====================
おそらくこの作品は群像劇ではない。
主人公である三兄弟は連なって列車旅行をするロードムービーで、
彼らがバラバラに別個の行動を取ることはほぼない。
なぜなら本作は三兄弟それぞれの絆を取り戻す旅行でもあるため、
行動を共にすることを旅のルールに据えるからだ。

それでも本作を紹介したいのは、
上記のルールにせよ、いや上記のルールだからこそ、
群像劇の肝的要素を際立って見せたのだ。
それは秘密の発生である。

秘密は群像劇における重要な要素だ。
一部の人物が知り、ほかの人物は知らないことでドラマが生まれる。
本作は、基本的に三人で行動するのだが、
たとえばトイレや電話などで一人が離れると、
残った二人だけで秘密の話(もう一人の悪口や、二人だけの内緒話)を
打ち明ける。そうして三人それぞれに差異を生じさせている。
そして秘密を話す相手が常に一緒ではなくバラバラであることが、
単純な1対2の対立にならず、三兄弟の複雑な関係性を浮き彫りにさせている。

群像劇でないにしろ、群像劇の重要要素を気づかされた名作。
なにより純粋に心を癒すストーリーで、
エンディングではきっと誰しもが口ずさんでしまうだろう。

序盤に紹介した「グランド・ブダペスト・ホテル」の
ウェス・アンダーソン監督作。
今作も好みが分かれる作品で、私は好きだ。
テンポ、構図、演出から醸しだす独特の雰囲気が、
心を安らげてくれる、暖かくしてくれる癒しの作品だ。

=====================
<関連お勧め作>

東京ゴッドファーザーズ [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2012-11-21)
売り上げランキング: 18,452

故・今敏監督作の劇場アニメ。
幼児を拾った三人のホームレスが、親探しのために東京を旅する。
道中、三人がホームレスになってしまった回想を織り交ぜながら旅をする様子は、
ダージリン急行に通じるところがある。

=====================


[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-05-06 02:04 | 作品紹介(映画) | Comments(0)

平凡なウェ~イ(舞台)

平凡なウェ~イ

作品名:平凡なウェーイ
初公演:2005年(ヨーロッパ企画第17回公演)
作・演出:上田誠
出演:石田剛太・酒井善史・諏訪雅・本多力など
あらすじ:
道をみくびってると、死ぬ。

会社を乗っ取ろうとするAVディレクター、
告白したい中学生、
鉄砲玉にされたチンピラなど、
それぞれ“ウェーイ”に生きる12人が
途中の道で関係ない事故に巻き込まれてしまう。

“道”をモチーフに映像と芝居がたった1回クロスオーバーする異色作。
(以上、公式HPより引用)

===================
舞台演劇という性質上、どうしても群像劇にならざるを得ない、
とは、言い過ぎかも知れないが、
本作は群像劇ど真ん中の群像劇、と言っても良いかも知れない。

群像劇という構造の肝でもある、
『様々な境遇の人びとが、同じ場所で、それぞれの思惑で行動する』
という要素に焦点を当てた、当てすぎた作品。

舞台であるが、前半は映像によって各登場人物ごとに物語を進める。
そして中盤、舞台へと移行する。
文字通り『焦点』と言っていいほどに、
それぞれの物語が、交差するウェ~イの一点に集中する。

別々の人生を送っていても、同じ土地を踏みしめる。
別々の目標を持っていても、同じ道路を歩く。
そんなあたりまえのことを再確認させてくれるコメディ劇だ。

===================
<関連お勧め作>

ヨーロッパ企画「曲がれ!スプーン」 [DVD]
ポニーキャニオン (2010-05-19)
売り上げランキング: 55,814
超能力番組のADがたまたま訪れた喫茶店には、本物の超能力者たちが集っていた。
世間バレを防ぐため、超能力者たちが超能力で奮闘したりしなかったり。
長澤まさみ主演の映画版(曲がれ!スプーン [DVD])もある。


壊してしまったエアコンのリモコンを取りに、タイムマシンを使って昨日へ向かう。
こちらは映画版。
舞台版はこちら(サマータイムマシン・ブルース 2005 舞台版 [DVD])。


タクシードライバー 祗園太郎 [DVD]
NHKエンタープライズ (2012-10-26)
売り上げランキング: 78,794

GWということで暇ならどうぞ。
===============

[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-05-01 01:39 | 作品紹介(その他) | Comments(0)