人気ブログランキング |

群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

十二人の怒れる男(映画)

十二人の怒れる男(コレクターズ・エディション) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-08-02)
売り上げランキング: 2,433

作品紹介5 十二人の怒れる男(映画)
作品名:十二人の怒れる男
発表:1957年・アメリカ
スタッフ:
 監督:シドニー・ルメット
 脚本:レジナルド・ローズ
 出演:ヘンリー・フォンダ、マーティン・バルサムほか
あらすじ:
父親殺しの罪に問われた少年の裁判で、陪審員が評決に達するまで一室で
議論する様子を描く。
法廷に提出された証拠や証言は被告人である少年に圧倒的に不利なものであり、
陪審員の大半は少年の有罪を確信していた。全陪審員一致で有罪になると
思われたところ、ただ一人、陪審員8番だけが少年の無罪を主張する。
彼は他の陪審員たちに、固定観念に囚われずに証拠の疑わしい点を
一つ一つ再検証することを要求する。
陪審員8番の熱意と理路整然とした推理によって、
当初は少年の有罪を信じきっていた陪審員たちの心にも徐々にある変化が訪れる。
(以上、Wikipediaより引用)

==============
密室劇・法廷劇の金字塔。
他の群像劇とは大きく異なる点は、
作中で登場人物が出会ったり別れたりすれ違ったりしない点だ。
グランド・ホテルのように
ある程度の自由な移動が認められる敷地はないため、
彼らは最初から最後まで全員で交流を続ける。途中退場もない。

初めはやる気のない人々が、話し合うことで徐々に熱を帯びてくる。
受動的に舞台に立たされた人々がやがて能動的に動き出す様子は、
現実の場でも多々見るシチュエーション。
そのためか登場人物への感情移入もしやすい作品だ。

==============
<関連お勧め作>
逆転裁判123 成歩堂セレクション
カプコン (2014-04-17)
売り上げランキング: 1,617

逆転裁判123 成歩堂セレクション Best Price!
カプコン (2015-04-02)
売り上げランキング: 252
弁護士となって法廷で依頼人(被告人)を弁護し、
証拠と証言を使って検事と論戦を繰り広げ、真実を解き明かすゲーム。

=============

by 3G_gi_gei_go | 2015-04-15 03:45 | 作品紹介(映画) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。不定期更新中。


by Wonder_Style_3G