群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

キラー7(ゲーム)

Killer7【CEROレーティング「Z」】
カプコン (2005-06-09)
売り上げランキング: 10,767

作品名:Killer7
発売日:2005年
発売元:カプコン
あらすじ:
プレイヤーは“7つの人格を持つし屋“の主人公 ハマーン・スミスとなり、
彼の持つ7名の人格をチェンジさせながら銃器や特殊能力を駆使し、国家転覆を
狙う”神の手を持つ男”クン・ランと対決する。世界を無差別テロの恐怖の中へと
企てる男とその波を食い止めようとする男、その2人の人生が複雑に絡み合う
復讐劇だ。セルシェーディングによる芸術的なビジュアル、個性的なキャラクター
が演じるダークでスリリングな世界観、そして今までになかったゲームスタイルが
魅力の斬新なゲームである。
(以上、公式サイトより)

==========

“七人の人格を持つ殺し屋”。だからキラー7。
ストーリーの大枠は「殺し屋」VS「テロリスト」というダークヒーローものである。
分かりやすいタイトルとキャラクター設定だが、
遊んでみてすぐに、よく分からないゲームであることが分かるだろう。

しかし面白い。ストーリーの細部はよく覚えていないが、
面白かったという印象だけは覚えている。
きっとプレイした年齢(10代後半)も大いに関係しているだろう。
人を選びすぎる作品だが、気になったらプレイしては。

※本作は群像劇ではありません。しかし面白い。
==========
<関連オススメ作>
NO MORE HEROES (ノー・モア・ヒーローズ) (特典無し)
マーベラスエンターテイメント (2007-12-06)
売り上げランキング: 13,859

こちは打って変わって判りやすい。
「殺しの烙印」の設定そのままに主人公は、
殺し屋ランクを駆け上がるのが目的だ。

そうだ。キラー7の雰囲気は、
鈴木清順の演出のそれに近いのだ……ろうか。
========
[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2015-09-09 14:17 | 作品紹介(ゲーム) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。不定期更新中。


by Wonder_Style_3G