群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

セント・エルモス・ファイアー(映画)

セント・エルモス・ファイアー [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2010-04-16)
売り上げランキング: 13,271

作品名:St. Elmo's Fire
発表:1985年・アメリカ
スタッフ:
 監督:ジョエル・シュマッカー
 脚本:ジョエル・シュマッカー、カール・カーランダー
 出演:エミリオ・エステベス、ロブ・ロウ、メア・ウィニンガムほか

あらすじ:
大学を卒業して社会人となり、4か月後に再会した7人の若者たちの姿を描く。


男女7人の新社会人がいろいろごたごたした結果、
社会人として落ち着いていくよ、という話。
といっても描かれている雰囲気は大学の延長みたいな
ものだ。同じ大学を出たのに、仕事を転々とするもの
もいれば、お堅い系に勤めるものもいて、1980年も
若者の状況は、今と変わらないのだな、と妙に納得した。

男と女が出てくれば基本的に恋愛模様が描かれるのが常。
本作もその点はしっかり中心に据えて描かれている。
個人的には、中の上階級の生活描写が描かれているのが
興味深かった。最近の映画はドンパチかアメコミばかり。
しかも昔の淑女よろしく、結婚するまで貞操を守っている
というのが当たり前だと、同年代の遊び人たちまでも、
きちんと理解しているのが面白い。
そういう概念が残っていた最後の年代なのだろう。

ラストシーンでは、仲間ひとりを見送って6人となったあと
大学からの行きつけバーに入ろうとするが、店内の騒がしさと、
明日も早いことを理由に、店の前を離れるシーンで終わる。
こうやって皆、社会相応のオトナに(成長でなく)変化していく
という提示は見事。

この映画に描かれるようなことは、たいしたことのない誰もが
持っている「青春の残滓」なのだよ、と分からせてくれる。


<関連作>
男女7人夏物語 DVD-BOX
男女7人夏物語 DVD-BOX
posted with amazlet at 16.07.03
エスピーオー (2001-11-23)
売り上げランキング: 31,419

発表年代も近い。影響を受けていないとは思えない。
しかしなぜ7人男女の組みなのだろうか。これでは
必ず、一人だけアブれるではないか。



[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2016-07-27 00:23 | 作品紹介(映画) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。更新完了。


by Wonder_Style_3G