群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

渚くんをお兄ちゃんとは呼ばない(小説)


作品名:渚くんをお兄ちゃんとは呼ばない ~ひみつの片思い~
著者:
夜野せせり
絵:
森乃なっぱ
発行:2017年
(平成29年)11月24日
あらすじ:
鳴沢千歌、小学5年生の漫画好きの地味女子。なんと、パパの再婚相手の息子が、
学校1のモテ男子・渚くん……。反発する千歌だけど、いっしょに暮らしはじめて、
近すぎる距離の渚くんに、ときめいちゃって……? ドキドキ初恋ストーリー!



作品名:
渚くんをお兄ちゃんとは呼ばない ~ありえない告白~
発行:2018年(平成30年)3月23日
あらすじ:
学校1のモテ男子・渚くんと、きょうだいになってしまったまんが好きの地味女子・千歌。
イジワルだったりやさしかったりする渚くんに、毎日ドキドキしっぱなし!
ある日千歌は、まんがクラブの先輩にワケアリの告白をされて…!?
絶好調第2弾!


本作はいわゆる「グッドモーニングコール」系である。
もっと古手で言えば「ママレードボーイ」系ともいえるかもしれない。
そう考えれば集英社の得意ジャンルかも。

さておき本作は集英社みらい文庫から刊行されている小学生向け小説。
読者対象は小学中級(なんだ中級って)で、ライトノベルよりも対象年齢は低いようだ。

物語は影の薄い女の子が、クラス一人気者の男の子と一緒に暮らすという王道の足バタバタ案件。
「秘密の共有」はいつの時代も親密の第一条件である。

そんな本作の魅力はなんといっても文章力である。これほどの文章を書ける人はなかなかいない。
それは小学生向けに優しく書かれている、という意味での文章力ではない。
簡潔な文字数で的確な情報量を過不足なく表現している。
主人公の感情、風景描写、各キャラクターのセリフやしぐさ。
(余談だけど「これ、メイプルシュガーの?」というセリフは素晴らしいね)
すべてを文字という同じサイズのブロックを並べて表現しなければならない小説という作法で、
本作は見事な言葉の取捨選択が行われている。読みやすく分かりやすく、あっさりもせずくどくもない。
ストーリー展開も起伏に富んで飽きさせず、全体を貫く主人公の成長も感動十分だ。
(キーホルダーがキーとなり、最後にダブルミーニングの材料になる展開はしびれました)

物語同様、文章も「王道」な本作。
ぜひとも万人に読んでほしい作品。

=======================================
好きすぎて考察をこじらせると、第1巻32Pにある、
ちなみに、あたしもメグも、少女まんが風きらきらお目目。ばっちり美化されてるのだ。
という文章をうがって読んでしまうことで、本作の読み方がギョッと変化してしまう。
つまり本作に描かれているきらきらお目目の主人公は、主人公の妄想であって、
実際の主人公たちはまったく違った風貌なのではないか、という「水槽の脳」的解釈(ちょっと違うね)
が出来てしまうのである。。どうでもいいことですが。。。

<関連作>
らんま1/2〔新装版〕(1) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2013-06-14)
売り上げランキング: 13,091

同居モノ。。。ちょっと違うね。




[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2018-04-11 21:02 | 作品紹介(小説) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。更新完了。


by Wonder_Style_3G