群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

下妻物語(映画)

映画「下妻物語」
映画「下妻物語」
posted with amazlet at 18.03.11
(2016-08-31)
売り上げランキング: 97,013

作品名:下妻物語
発表:2004年・日本
スタッフ:
 監督:中島哲也
 脚本:中島哲也
 出演:深田恭子、土屋アンナほか
あらすじ:

 ロリータファッションを愛好する竜ヶ崎桃子(深田恭子)と
 レディースの白百合イチゴ(土屋アンナ)が、
 茨城県下妻市を舞台にして友情を深めていくコメディ。


誤解を恐れずに言えば、本作はエンディングの『あのシーン』のための映画である。

幼くしてロリータファッションに目覚めた桃子は、
下妻という絶妙な田舎(これが北海道とか九州ならば、東京はただの幻想郷になりさがる)で、
日常的にロリータを着る特異な女子高生。
どこまでも田んぼの続く農道でひとりただずむ甘ロリはそれだけで画が強い。

田舎の閉塞さのなか、周囲の理解も得られないロリータファッションに一人熱中する桃子。
そこに田舎(それも都会から少しだけ離れた田舎に特有の)でよく見かける前時代的な
女ヤンキー・イチゴが現れ、ひょんなことから二人は(ほとんど一方的に)仲良くなる。

桃子の挑戦やレディースの抗争などを通じて、二人の友情が深まっていくストーリーである。

が、本作の見どころはそこではないと私は思っている。
私だけがそういう見方をしただけなのは重々承知しているが、それでも私にとって
『あのシーン』のインパクトはすごかった。

それはエンディングにあるイチコのロリータファッションを着るシーンである。
さらに細かく言えばそのポスターが掲げられたシーンに集約される。

私にとって本作の本編は上のシーンのための壮大な前置きに過ぎない。

イチコが、親友である桃子のお願いということでロリータの格好をする。
そしてその恰好がとてつもなくキュートに見えるのは、土屋アンナ元々の見てくれだけでなく、
映画本編で形成された二人の強い友情があってこそ発揮されるキュートさである。
このロリータショップのポスターのモデル(イチゴ)が、どうしてでカメラに向かってメンチを
切っているのかを知るには、ストーリーがなければならない。

映画や小説などにおいて、たったひとつのシーンやたったひとつのセリフを表現したいがために
作ったとされる作品は少なくない。
本作はそうでないかもしれないが、私はそういう見方をしてしまった。



<関連作>
パコと魔法の絵本 [DVD]
デスペラード (2009-03-06)
売り上げランキング: 12,641

個性が強くて見る人を選ぶ中島哲也監督作。
テレビの芸人番組やバラエティ番組を良く見る人には逆にみやすいかもしれない。




[PR]
by 3G_gi_gei_go | 2018-03-11 20:24 | 作品紹介(映画) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。更新完了。


by Wonder_Style_3G