群像劇パーティ!

gunzougeki.exblog.jp
ブログトップ
ニューイヤーズ・イブ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-11-07)
売り上げランキング: 1,732

作品名:ニューイヤーズ・イブ
発表:2011年・アメリカ
スタッフ:
 監督:ゲイリー・マーシャル
 脚本:キャサリン・ファゲイト
 出演:ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、
    アシュトン・カッチャー、ハル・ベリーほか
あらすじ:
年越しのカウントダウンまであと数時間のニューヨーク。
1年の最後の日に、大切な人との絆を取り戻そうとする
8組の人々。はたして彼らは幸せな新年を迎えることが
できるのだろうか――?
(以上、HPより)

================
12月16日に紹介した「バレンタインデー」の監督による
群像劇第二弾。続編ではない。大晦日のニューヨークを
舞台にして前作よろしく、様々な年代の人びとが
2011~2012年のタイムズスクエアのカウントダウン
の様子は、実際の2010~2011年のカウントダウンの
映像と大量のエキストラを使った撮影映像をを使いながら、
大掛かりな様子を見せている。ところどころご都合主義的な
展開もある(結構多い?)が、そこに整合性を求めるのは無粋だろう。

群像劇の魅力は往々にして、登場人物のキャラクターの魅力、
ついてはそのまま役者の魅力になると言っても過言ではない。
ハル・ベリーの整った美しい顔や、クリスティーン・レイキン
の日本人受けする可愛い顔立ちなど、美人がたくさん出てくる。

しかし本作随一の可愛い女優は、まごうことなくミシェル・
ファイファーだ。アラフィフに掛かろうとしている小じわの
立つ女性なのだが、あれほどまで可愛さを表現できるのは凄い。

ニューイヤーズ・イブ・イブではあるが、年末年始、こたつで
ゆっくり観賞するのも良いではないか。良いではないか。

================
<関連作>
glee/グリー シーズン1 <SEASONSコンパクト・ボックス> [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-11-02)
売り上げランキング: 693

リー・ミッシェルがヒロインで出ている米ドラマ。
ニューイヤーズ・イブでもこのグリーでも、彼女は
歌っている。
================

[PR]
# by 3G_gi_gei_go | 2015-12-30 15:02 | 作品紹介(映画) | Comments(0)
90’S MY LIFE returns
90’S MY LIFE returns
posted with amazlet at 15.12.23
pillows
インディペンデントレーベル (1990-10-25)
売り上げランキング: 90,756

作品名:ジングルベルがきこえる
発売日:1990年(平成2年)
アーティスト:the pillows

=============
アルバム「90'S MY LIFE returns」に収録された楽曲。
タイトル通りにクリスマスソングである。
1989年に結成して今年で27年目に突入した
大ベテランバンドであり、本作はその初期中の
初期に作られた。彼らの楽曲のなかでは珍しく、
時事イベントを題材にしている。

本作を群像劇として紹介するのはその歌詞だ。
家族、恋人、ひとりぼっち。
クリスマスという一夜を過ごすさまざまな人を
歌い上げることで「クリスマス=恋人たちのモノ」
という安易な歌になっていないのが、
山中さわおの書くの歌詞の魅力なのだろう。

ちなみに私は、このアルバムに入っている
「Liberty」がヘビロテですわ。

=============
<関連作>
12月24日
12月24日
posted with amazlet at 15.12.23
ピチカート・ファイヴ
ヒートウェーヴ (2000-11-22)
売り上げランキング: 83,781

クリスマスつながりでピチカート・ファイヴの名曲をば。
世代的にクリスマスソングといえばこれなのですわ。

=============
[PR]
# by 3G_gi_gei_go | 2015-12-23 13:26 | 作品紹介(その他) | Comments(0)
バレンタインデー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-11-03)
売り上げランキング: 4,281

作品名:バレンタインデー
発表:2010年・アメリカ
スタッフ:
 監督:ゲイリー・マーシャル
 脚本:キャサリン・ファゲイト
 出演:アシュトン・カッチャー、ケルヴィン・ムーア、アン・ハサウェイほか
あらすじ:
一番大事な人が誰かわかる、一年にたった一度の特別な日”バレンタインデー”

一年にたった一度、この星が愛の言葉できらめく日がある。2月14日、
バレンタインデー。それは、あなたにとって一番大事な人が誰かが分かる、
特別な日。勇気を出して告白した想いが一瞬で破れたり、単なる友人の
はずがかけがえのない人だと気付いたり――この日、すべての人が、24
時間限定のセンチメンタルなラブストーリーの主人公なのだ。
(以上、HPより)

================
2月14日の1日を舞台にしたおよそ20名の群像劇。
ハッピーから始まり、アンハッピーやすれ違いなどなど
オーソドックスな恋愛群像劇が繰り広げられる。
子供からお年寄りまで、さまざまな恋愛模様が描かれている。

本場〈?)のバレンタインデーは花を送るのだろうか。

================
<関連作>
プリティ・ウーマン 特別版 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-04-19)
売り上げランキング: 3,784

同監督作品。こちらのほうが有名かな。

================

[PR]
# by 3G_gi_gei_go | 2015-12-16 07:37 | 作品紹介(映画) | Comments(0)

作品名:機動警察パトレイバー
著者:ゆうきまさみ
発行:1988年(昭和63年)
あらすじ:
ハイパーテクノロジーの進歩は新しい脅威も生むこと
となった。多足歩行式マニピュレーター「レイバー」
による犯罪がそれである。警視庁は機械化部隊、通帳
「パトレイバー」を創設、泉 野明たち隊員を新機種
98式AVイングラムに搭乗させこれに対抗させるが、
操作技術の未熟さもあって苦戦する。
(以上、文庫漫画1巻背表紙より)

=============
今ではもう使われなくなったワードのひとつである
「メディアミックス」の日本におけるパイオニア作品
である機動警察パトレイバー。同じ作品をOVA
(オリジナル・ビデオ・アニメーションの略。今でも
使うのだろうか)やTVアニメ、映画アニメ、漫画、
小説とさまざまな媒体で発表する手法、いわゆる
メディアミックスは、当時はとても斬新で新鮮だった。
しかもこんなにお金が掛かりそうは手法を、新人に近い
若手中心のスタッフにやらせたというのだから凄い。
やっぱりバブルの影響なのだろうか。。。

閑話休題。

本作の魅力は何と言っても巨大ロボットの戦闘・・・
ではなく、主人公やその周辺、さらには敵方の人々の
人間模様であろう。基本的に登場人物は全て、なにかしら
の組織に属している。警察機構、民間会社、研究所など。
さらに主人公からの視点だけで描かれず、一話まるまる
悪役の組織での動きなどが描かれるなど、少年漫画に
掲載されたとは思えない硬派な内容である。
組織と個人、上司と部下、自由と束縛、夢と現実。
実社会にある人々の悩みがそのまま表現されている。
とにかく大人向け、と言うよりは社会人向けの作品だ。

一番好きなシーンは、野明と遊馬が居酒屋で飲む話。
同期入社の若手が居酒屋で飲んで、酔っ払って、管巻いて、
べろべろに酔っ払って、夢語って、ぐでんぐでんに酔っ払って
いるだけの、どうしようもない話。ストーリーが進むわけでも
ないのに、それが妙に現実臭くて面白かった。
きっと他の話が、きちんと社会を描いているからこそ、読者も
主人公たちと同じように、居酒屋で一緒に飲んでいる気に
なっていたのかもしれない。

=============
<関連作>
機動警察パトレイバー ON TELEVISION BD-BOX 1 [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2010-08-27)
売り上げランキング: 41,087

一番好きなのは漫画版と最初のOVA版。
映画一作目もザ・80年代的なタッチで好きですね。

=============

[PR]
# by 3G_gi_gei_go | 2015-12-02 03:03 | 作品紹介(その他) | Comments(0)

紳士同盟(小説)

紳士同盟(新潮文庫)
新潮社 (2016-03-11)
売り上げランキング: 116,016


作品名:紳士同盟
著者:小林信彦
発行:1980年(昭和55年)
あらすじ:
いんちき臭くなければ生きていけない!
思わぬ運命の転変にめぐりあい、莫大な金を必要とした
とき、四人はそう悟った。
目標二億円――彼らはコン・ゲームを競う奇妙な集団を
化した。車椅子の老詐欺師のコーチを受け、知恵を傾け
トリックを仕掛け、あの手この手で金をせしめる……。
人間の欲望や心理の綾、意識の空白につけこむスマート
で爽快、ユーモラスなコン・ゲーム小説の登場。
(以上、帯より)

=========================

コン・ゲームはターゲットを信用させたのち騙すという
詐欺の一種であり、大概は物語のひとつのジャンルで
使われます。映画では「オーシャンズ11」「ミッション
インポッシブル」等、変装などにより相手を騙し、
ばれるかばれないかのハラハラ感と、ド派手な演出が
楽しいエンターテイメントの中心的ジャンルにのひとつ
ですが、日本では予算の大きさか国土の大きさか、
そういうスケールの大きい映画は、なかなか作るのが
難しかったり、作っても受け入れられにくいです。
どうしてもハリウッドの縮小再生産っぽくなり、
「そんなわけあるか」感が漂ってしまいます。

しかし本作「紳士同盟」は、市井の人らには馴染みの
少ない、しかし誰しもがなんとなく知っている気がする、
テレビ業界を舞台にしたことで、作品にある程度の
現実感のあるエンターテイメント性を加えています。
(派手さはありませんが。。。)

さらに単行本版の帯に書かれている「この本の68ページ
以降は、他人に絶対にしゃべらないで下さい!」に示される、
68ページ以降に書かれている、他人にしゃべるのが
憚れる内容が、現実感に強度を与えています。

日本初のコン・ゲーム小説と銘打っている本作のため、
「コン・ゲームとは」というメタ的な表現が幾分か垣間見え、
作者がノリノリで書いているのが判ります。
日本初の銘に恥じないほど今でも色褪せないオモシロさ。
手に取る機会があれば一読をおすすめします。

=========================
<関連作>
紳士同盟ふたたび(新潮文庫)
新潮社 (2016-03-11)
売り上げランキング: 177,262

本作の続編。登場人物はそのままですが、
それぞれでも十分面白いです。

=============

[PR]
# by 3G_gi_gei_go | 2015-10-28 09:13 | 作品紹介(小説) | Comments(0)
ジェイン・オースティンの読書会 コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-02-23)
売り上げランキング: 53,311

作品名:ジェイン・オースティンの読書会
発表:2007年・アメリカ
スタッフ:
 監督:ロビン・スウィコード
 脚本:ロビン・スウィコード
 出演:キャシー・ベイカー、エリミー・ブラント、ヒュー・ダンシーほか
あらすじ:
なぜ、女たちは読書会を開くのか――?
 
 きっかけは、一匹の犬だった。ブリーダのジョスリンが、一番愛情を注いでいたブライディが亡くなったのだ。ジョスリンは、恋愛には興味が無いと言い放つ独身主義者。葬儀に集まった友人たちは、彼女が悲しむ姿を見て、元気づけたいと考える。そして6回の結婚歴を誇り、今は独り者のバーナデットが、ジェイン・オースティンの読書会を思いついたのだ。「オースティンは、人生の最高の解毒剤」だから……。
(以上、公式HPより)

================
6人の男女が集まって、
ジェイン・オースティンの6作品を批評しあい、影響しあいながら、
日々の様々な悩みと向き合い、葛藤し、新たな人生へと進む。

初対面に近い6人の男女も、読書会を続ける内に親しく、
そして悩みを共有するようになる。
はじめは他人のために、気を遣いながら読書会を続けていたが、
作品の批評が、いつしか自分たちの内心へのアドバイスや叱咤になっていき、
無意識の内に日常生活に変化を生じさせていく。
読書会での批評がまるで参加者たちの批評となっていく。

かたくなな独身主義者、傷心の別離妻、迷っている女教師。
彼・彼女らはジェイン・オースティンを通じて、お互いに変化していく。

歴史上最高の女流作家とも言われるジェイン・オースティンを、
作品のマクガフィンとしているが、
ジェイン・オースティンの作品を読んだことなくても十分楽しめる作品。

=================
<関連お勧め作>
高慢と偏見〈上〉 (光文社古典新訳文庫)
ジェイン オースティン
光文社 (2011-11-10)
売り上げランキング: 40,041

18世紀の作家だが、中身はまったく全然これっぽっちも古臭くないのが
ジェイン・オースティンのすごいところ。
また翻訳者ごとに文面がかなり異なるので、
その趣を楽しむのも良いかも。

==================

[PR]
# by 3G_gi_gei_go | 2015-10-21 23:41 | 作品紹介(映画) | Comments(0)

やみなべの陰謀(小説)

やみなべの陰謀 (電撃文庫)
田中 哲弥
メディアワークス
売り上げランキング: 1,217,434


作品名:やみなべの陰謀
著者:田中哲弥
発行:1999年(平成11年)
あらすじ:
 「独立した、ジャンルも違う5つの短編が実は巧妙に絡み合わされ、ひとつの長編を構成する」田中哲弥の壮大な構想に基づき始まった雑誌連載に大幅な加筆、修正を加えた(いや、そうしないと話のつじつまが合わなかったわけではない。決して)必見の最新作、ついに登場!ある日突然、普通の大学生栗原守のもとに届けられた千両箱。これは果たして何者が、何の目的で彼に届けたのか!?「千両箱とアロハシャツ」「ラプソディー・イン・ブルー」「秘剣神隠し」「マイ・ブルー・ヘヴン」「千両は続くよどこまでも」、計5編を収録。
(以上、表紙より) 

=============
 元々は吉本興業の台本作家であった著者ということで、
「大阪」と「大阪ギャグ」がいわゆる「大阪的」に表現されている作品。

しかし全てが大阪ノリではなく、世紀末の世相も反映されているのか、
バッドエンディングの短編も複数あり、緩急が効いている。

あらすじにもある通り様々なジャンルの短編連作による
時系列シャッフル型の群像劇。ライトノベルであるため読みやすい。

最近(といっても2006年〉にはハヤカワ文庫で再販されている。
さらに同じジャンルシャッフル型の新作(といっても2006年)も
発売されているではないか。(下の関連作品のことです)

著者の特徴としてあげられるのはその文体だろう。
限りなく口語に近い文章。未改行で挿入されるセリフの応酬などなど、
人を選ぶ文体であることは確かだ。
はじめはとっつきにくい感もあるかもしれないが
慣れればそれが逆に癖になるだろう。

=============
<関連作品>

ミッションスクール (ハヤカワ文庫JA)
田中 哲弥
早川書房
売り上げランキング: 614,761

電撃文庫版しか持っていなかったので
今回はじめて知った。

============

[PR]
# by 3G_gi_gei_go | 2015-10-14 23:54 | 作品紹介(小説) | Comments(0)

バッカーノ!(小説)

バッカーノ!―The Rolling Bootlegs (電撃文庫 な 9-1)
成田 良悟
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 48,042

作品名:バッカーノ! The Rolling Bootlegs
著者:成田良悟
発行:2003年(平成15年)
あらすじ:
禁酒法時代、ニューヨーク。
裏組織“カモッラ“は重要な儀式を数日後に控えていた。
泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。
マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。
チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。
職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。
そして、錬金術士の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。
彼らはまだ、互いに関わりのの無い者同士であった。
このマンハッタンに”不死の酒”が蘇るまでは――。
(以上、表紙より) 

=============

若さがまぶしい作者のデビュー作。
勢い全力で書ききった感があふれるエンタメライトノベル。

名前と内容がマッチングしている素晴らしいタイトルそのままに、
「不死の酒」というマクガフィンを中心に据えて
ドタバタゲームが繰り広げられる。

終わり方は明らかに完結しているのだが
しっかり続編が出ているので、相当に人気があったのだろう。
そうだろう。やっぱり群像劇は面白い。

=============
<関連作>
デュラララ!! (電撃文庫 な 9-7)
成田良悟
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 182,384

未読です!!

============

[PR]
# by 3G_gi_gei_go | 2015-10-07 00:42 | 作品紹介(小説) | Comments(0)

428(ゲーム)

428 ~封鎖された渋谷で~(特典無し)
セガ (2008-12-04)
売り上げランキング: 4,996

作品名:428 ~封鎖された渋谷で~
発売日:2008年
発売元:セガ(現在はスパイク・チュンソフト)
あらすじ:
200X年4月28日
渋谷署管轄内で起こったひとつの誘拐事件をきっかけに、
世界を震撼させる大事件は始まった。
熱血系字、渋谷のチームの元ヘッド、ウイルス研究の第一人者、
敏腕フリーライター、そしてネコの着ぐるみなど
本来であれば、まったく交わるのことのなかったであろう人々の物語が
この事件の舞台となる渋谷でめまぐるしく交差する。
あなたは、いくつものこの世界を一変させる選択を迫られる。
あなたの選択によって、人々は一体なにを目にすることになるのだろうか。
(以上、公式サイトより)

========
『音のある小説』という名前の通り、BGMやSE(効果音)と挿絵代わりの画像を
背景にして文字を読み進めていく。途中は選択肢による分岐なども交えて
ゲームクリアを目指すゲームだ。
選択肢が変なものを選ぶとバッドエンディングになる。

主人公5人の4月28日の一日を一時間ごとの章立てで進めていく。

小説や映画と異なり、ゲームのシナリオは複数の筋と複数のエンディングを
作る必要がある。それはバッドエンディング、グッドエンディング、
トゥルーエンディングなどと呼ばれており、プレイヤーの操作に、
どのエンディングにたどり着くかを委ねらている。
これはほかの媒体にはないゲームならではの強みであり、作り手の苦労所だろう。

だいたいは一番プレイ時間が長くなる方向に進めればグッドエンディングや
トゥルーエンディングとなる。
しかしプレイヤーのゲーム体験は全てがトゥルーだ。
始まってすぐにエンディングに行き着いたとしても、
それが経験したストーリーとなる。
「どれが正しい選択だろう」などと考えずに「せっかくだから俺は……!」と
確信的な自信で選択肢を選び、ストーリーを経験して欲しい。

=============
<お勧め関連作>

その気になれば、開始して数分の内にエンディングを拝める自由度の高いRPG。
それもまたプレイヤーの経験。
『オモチャ』として始まったゲームだからこそ許容されるのだろうか。

============

[PR]
# by 3G_gi_gei_go | 2015-09-16 14:30 | 作品紹介(ゲーム) | Comments(0)

キラー7(ゲーム)

Killer7【CEROレーティング「Z」】
カプコン (2005-06-09)
売り上げランキング: 10,767

作品名:Killer7
発売日:2005年
発売元:カプコン
あらすじ:
プレイヤーは“7つの人格を持つし屋“の主人公 ハマーン・スミスとなり、
彼の持つ7名の人格をチェンジさせながら銃器や特殊能力を駆使し、国家転覆を
狙う”神の手を持つ男”クン・ランと対決する。世界を無差別テロの恐怖の中へと
企てる男とその波を食い止めようとする男、その2人の人生が複雑に絡み合う
復讐劇だ。セルシェーディングによる芸術的なビジュアル、個性的なキャラクター
が演じるダークでスリリングな世界観、そして今までになかったゲームスタイルが
魅力の斬新なゲームである。
(以上、公式サイトより)

==========

“七人の人格を持つ殺し屋”。だからキラー7。
ストーリーの大枠は「殺し屋」VS「テロリスト」というダークヒーローものである。
分かりやすいタイトルとキャラクター設定だが、
遊んでみてすぐに、よく分からないゲームであることが分かるだろう。

しかし面白い。ストーリーの細部はよく覚えていないが、
面白かったという印象だけは覚えている。
きっとプレイした年齢(10代後半)も大いに関係しているだろう。
人を選びすぎる作品だが、気になったらプレイしては。

※本作は群像劇ではありません。しかし面白い。
==========
<関連オススメ作>
NO MORE HEROES (ノー・モア・ヒーローズ) (特典無し)
マーベラスエンターテイメント (2007-12-06)
売り上げランキング: 13,859

こちは打って変わって判りやすい。
「殺しの烙印」の設定そのままに主人公は、
殺し屋ランクを駆け上がるのが目的だ。

そうだ。キラー7の雰囲気は、
鈴木清順の演出のそれに近いのだ……ろうか。
========
[PR]
# by 3G_gi_gei_go | 2015-09-09 14:17 | 作品紹介(ゲーム) | Comments(0)

様々なジャンルの群像劇作品を紹介します。更新完了。


by Wonder_Style_3G